カート
しらかば農園TOP > おすすめレシピ >  しょうがご飯の献立
野菜スープを飲むだけでなく、幅広く料理に活用出来るレシピをご紹介します。
管理栄養士さんが考案した健康状態に合わせた献立は、健康に気遣う方におすすめです!
 《 冷えの予防に 》
薬膳では体を温める作用のある食品(温性食品)の代表として、しょうが、にんにく、ねぎ、唐辛子などの香味野菜、根菜(れんこんやかぶ、にんじん、芋)、鶏肉、えびなどが挙げられています。
献立に上手に取り入れて体の中から温まりましょう。
   
・しょうがご飯
・えび炒りたまご
・かぶの甘酢漬け
・のっぺい汁
<調理のポイント>
  ・しょうがを野菜スープで炊き込みご飯にしました。加熱しているため辛味は多少抑え
 られますが、お好みで加減してください。
・えび炒り卵は卵をふんわり仕上げるために、先にフライパンで半熟状にしておきます。
・のっぺい汁は里芋と片栗粉のとろみがポイントです。とろみがあると冷めにくく、体ポ
 カポカ効果もアップします!

※今回は作りやすい分量として4人分で記載しています。
                   
  材料(4人分) 分量     材料   分量
       
2合 だし昆布 適量(5cm角程度)
しょうが 60g しょうゆ 大さじ1
油揚げ 1枚 大さじ1
野菜スープ 440ml
 
作り方
  @米はといでざるにあげ、30分ほどおきます。
Aしょうがは皮をむいてせん切りにします。
  油揚げはさっと熱湯をかけ油抜きし、細切りにしておきます。
B炊飯器の内釜に米、野菜スープを入れ、だし昆布、しょうが、油揚げを加えます。
C炊飯器で炊き、蒸らしたら具とご飯をよく混ぜ合わせます。
                   
  材料(4人分) 分量     材料   分量
えび(ブラックタイガー) 12尾 食塩 少々
小さじ1 ねぎ 少々
食塩・コショウ 少々 しょうが 薄切り2枚
キヌサヤエンドウ 30g しょうゆ 大さじ1/2
4個 サラダ油 大さじ2
 
作り方
  @えびは背ワタをとり、殻と尾を除きます。塩コショウして酒をふりかけておきます。
Aキヌサヤエンドウはすじを取り、さっとゆでておきます。
Bしょうがは薄切り、ねぎは小口切りにします。
Cフライパンに油大さじ1を熱し、塩少々を加えた溶き卵を半熟状に炒り、ボウルに戻します。
Dフライパンにさらに大さじ1の油を加え、弱火でしょうがを香りがたつまで炒め取り出します。
Eえびを焼き、ねぎ、キヌサヤエンドウを加えて炒め合せ、さらにCの卵をあわせます。
Fフライパンの縁から、しょうゆをまわし入れて味を調えます。
 
                   
  材料(4人分) 分量     材料   分量
かぶ 小2個
A 食塩 少々
大さじ3
砂糖 大さじ2/3
 
作り方
  @かぶは葉を落とし、薄切りにして塩(分量外)をふっておきます。
Aしんなりしたら、さっと水洗いして水気をきります。
BAの材料をボウルで混ぜ合わせ、Aを加えて和えます。
 
                   
  材料(4人分) 分量     材料   分量
       
大根 80g ねぎ 30g
にんじん 60g 野菜スープ 500ml
生しいたけ 4枚 食塩 小さじ1/3
里芋 4個 しょうゆ 大さじ1
鶏もも肉 120g 片栗粉 大さじ1/2
 
作り方
  @大根、にんじんは乱切り、生しいたけは石づきを切り落として一口大に、里芋は下ゆでし半分に切ります。
A鶏肉は一口大に切ります。
Bなべに野菜スープ、@Aを入れ、野菜が柔らかくなるまで煮ます。
Cしょうゆ、塩で調味し、小口切りにしたねぎを加えます。
D菜ばしでかき混ぜながら、同量の水で溶いた片栗粉をまわし入れてとろみをつけます。